2018年06月21日

ヨーガのヒント|まずやってみる、やるしかないと考える

自分の出した言葉によって同じものが自分に返ってきます。何かしようとしたとき、無理とかできないと言った瞬間に自分で自分の可能性をストップさせて、制限を作ってしまうんです。日常の本当に小さいことからすべてにおいてまずやってみる、やるしかない、やってから考えるだけになると本当に素晴らしい、自分でも想像しなかったようないろんな可能性が花開いていくと思います。自分の限界を日々突破することになりますから、自分の可能性というものをもっともっと広く感じ取れて、人生が本当に豊かになります。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年06月20日

ヨーガのヒント|古事記の音読を日課として続けましょう

その国の神話が滅びたり廃れたりした国は、国そのものが滅びると言われています。シャンティパットでは日向の神子になる日の前の3〜4か月しか古事記を一緒に読むことはありませんけれど、ご自身の日課として30秒でも1分でも音読を続けると、いいエネルギーが体の中にだんだん蓄積されていきます。意味を理解する必要はないんです。最初は毒抜きですから溜まるところまではいきませんけれど、声に出して読むことによって神話の中に隠されているいろいろな神々からの仕掛けが働いてくださるんですね。どんどん浄化が進んでいきます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年06月19日

ヨーガのヒント|体にも心にも嘘をつかない

「嘘をつかない」というのは人を騙さないという意味ではなく、自分自身にも嘘をつかないということも含まれます。人にも嘘をつかない、体にも嘘をつかない、心にも嘘をつかない。その嘘をつかないということをどのくらい精神性をもって深く捉えることができるか。一言でいえばありのままの自分になるということです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年06月18日

ヨーガのヒント|信じた瞬間に可能性は無限になります

どんなことでも保証書はないんです。自分の無限の可能性を信じるという時も誰も保証してくれません。けれどそれは自分の可能性を信じた時に、その可能性は無限になるんです。その瞬間に。自分が宇宙から愛されていると信じた時に、本当に愛されている自分がそこにいるんです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年06月17日

ヨーガのヒント|いかに自分がよいエネルギーでいるか

親の介護のために自分の健康維持を放棄するということはどうなんだろうという素朴な疑問があります。やはりメインはいかに自分がよいエネルギーでいるかということなんですよね。それは自分のためじゃなくて自分がサポートしなければならない人に対して、最高のエネルギーを常時維持できる自分であり続けなければ意味がないということなんです。
口ではやってあげているとか手伝うとか言っていたって、自分のエネルギーがなければ奪い取っているだけですからね。パワーがあれば、ニコッと笑って手をギュッと握っただけでも相当なエネルギーと生きる意欲を与えることができるので、自分がどのくらいよいエネルギーを発散できるかということです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年06月16日

ヨーガのヒント|生きることは掃除をし続けることです

心の中も、脳みその中も、常に埃が溜まり続けているのが現実です。毎秒毎秒溜まり続ける埃を毎日掃うことも大事だし、また大掃除として一週間に一遍、もしくは一年に何回か、更に大きな大掃除を定期的にやらない限りは、知らず知らずの間に視野が狭くなり脳が硬くなり考えが広がらず閉じ込められて、自分で限界というものをガッチガチに作っているわけですね。
だから物理的な大掃除が非常に大事です。部屋の掃除をすることによって、脳も一緒に掃除される。脳のお掃除をすることによって、また今度は部屋の整理整頓の足りなさとか方法とか識別力も上がっていきます。常にお掃除をし続けることが、結局は生きるっていうことなんだと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年06月15日

ヨーガのヒント|後ろ向きでない肉体と精神を持ち続ける

無自覚に忍び寄る老化現象というのが、三十代、四十代から始まります。野放しであると体力の衰えというものがどうしても忍び寄り、老化現象という形で現れているように見えます。まず、面倒くさいという感じが体から出るんですね。一つの物事を解決するときにすごく後ろ向きになるように見えますね。お金がないとしたら節約しようじゃなくて、もっと稼ぐにはどうするかということが私の考え方だし生き方だし、仕事が多くて終わらないとしたら他の用事を減らすのではなく、もっと集中力をあげて同じ仕事を半分の時間でできないかと。そういうふうに考えていくと、筋力と体力は絶対的に必要です。
どうやったら後ろ向きな解決、後ろ向きな言葉が体から出てこないような、充実した肉体と精神力をみなさんが持ち続けることができるかということに、私は挑戦しようと思っています。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59