2017年05月22日

ヨーガのヒント|日常生活そのものが豊かに

生命の無駄遣いは、あまりにも勿体ないと気づいた時から、その想いをお伝えし続けて二十年が経ちました。活き活きと生きるための、私自身の小さな気づきを日々のクラスでお話させて頂いています。「五つの天使が微笑んで」は日々のスピーチをまとめました。メンバーが元気で、爽やかで、溌剌とした毎日でありますように。ヨーガによって日常生活そのものが豊かになりますように。この祈りが私を支えています。
ここ数年、足りないものは何もないという満ち足りた安心感を味わっています。
同じ時を選んで生まれてきた意味を大切に更なる自己探求を共に続けてまいりましょう。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年05月21日

ヨーガのヒント|自分以外の人を幸せにしたいという想い

リトリートのサポートもそうですけど、経験をし続けることしか上手に動ける様になるってことはないし。空回りしない気の使い方と真っ直ぐな動き。動きだけを、次の三歩先を読んで二歩進めていく。それも余分な意識じゃなく、どう思われるかとかが全く消えて、純粋にやるべきことだけを見続けてやり続けるというのは、経験しかないんだなって、動きを見ていてそう思いました回数を重ねることで、必ず上手に動けるように誰でもなっていきます。それは心の中に、自分以外の人を幸せにしたいという想いが皆の中にあるからです。自分の日常の中でも同じです。相手の事をもう少し呼吸を合わせて、エネルギーのゆらぎを感じ取る練習です。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年05月20日

ヨーガのヒント|自分の中には財宝がある

このままの自分でいいと思っている人はリトリートには来ません。私達はみんな自分の中に隠されている豊かさを、もっと外へ引き出したいと思って真剣に座っているし、自分の中に眠っている優しさを、もっと外へ自然な形ですぐ使える様に呼び覚ましたいと思って瞑想しています。説明されて「あぁそうか」ではなく、自分の中で、木の葉一枚の形、その落ち方、風の音、そして人為的に行われたテントの位置やタープの位置などの全てが、大きなヒントとして目の前にある事に気づいていく。そしてそれを手がかりにしていく。自分の中にまだまだ財宝があります。素晴らしさがあります。それを外へ出していく作業がリトリートです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年05月19日

ヨーガのヒント|仲間の素晴らしさ

どういうありのままの自分でも、落ち込む暇がないという事さえ分かれば、ひたすらやり続ける、やり続けてやり続けて、気づき続けて、自分と闘い続けて行けば、ほんのちょっとずつでも確実に生まれている本物の自分というのが外へ出てくるものなんです。そういう作業を一緒に寝泊まりしながらできる仲間がいる私達は本当に幸せだと思います。ここではどんな心の中の感情や思いを言葉にして出しても、みんなが受け入れてくれて、あぁそういう事もあるよねって。それに対して悪意を持ったり、足を引っ張るような人が全くいないという事が、シャンティパットは素敵だと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年05月18日

ヨーガのヒント|気持ち良さをイメージする

頭の中ではカルマヨーガが大好きな自分になっていたり、見返りを求めない自分になりきったりしますけど、それは頭の中の出来事であり、実際は「こんなにやってあげているのに、ありがとうの一言もない」とか、「こんなに忙しい中やってあげたのに、何あの態度」とか、いろんなものが心の中からフツフツとメタンガスのように湧いているものなので、人間は。それが湧かなくなった時の気持ちの良さが、自分の中でイメージできれば、ふとしたきっかけでスッと腑に落ちていくものだと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年05月17日

ヨーガのヒント|やることを変えず、やり方を変えます

好きな仕事についてはずなのに、なんかわくわくしていないなぁという心が出てきているときは、自分で決めた限界の中で自分がぐるぐるしているときです。それを突破してもっと高くもっと高くまだできるかもしれない、もっと違うやり方もできるかもしれないって思い始めたら、毎日見えてくるものの量が増えます。取り替えるのではなくて今やっていることの中味を変化させていくと、知らない間に自分の限界やキャパシティが大きくなって、毎日毎日のわくわく度が変わってきます。仕事をこなしているだけの人と限界を突破しようって毎日過ごしている人では、十年経ったら、キャリアも人としての存在感も輝きも、驚くほど違ってきます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年05月16日

ヨーガのヒント|体の声に従いましょう

ヨーガをやっているということは、車に例えるとしっかりエンジンをかけて走らせる作業です。もし、車にガソリンが入っていなかったら、いくらエンジンをかけても車は走りません。車に対してのガソリンは、人間に対しての何なのか考えると、食べ物もガソリンの一つです。ヨーガをやっていると体がどんどん敏感になってきますから、今まで好きだったものでも、もう体が受け付けないというものがたくさん出てきます。反対に大嫌いだったものが食べたいとはっきりと言い出すので、それは体の声に従う。我欲と頭で考えた嗜好、好みで食べ物を選ばずに体にとって必要な栄養素を、その時においしく食べることは大事です。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59