2015年12月31日

ヨーガのヒント|低い目標設定は、自分の可能性も低める

もっと自分の無限の可能性を心底信じて、挑戦していけば、欲しいものは必ず全て手に入るんですよ。だけど、あれが欲しいな、だけどやっぱり無理かなとどこかで勝手に自分で頑張らなくていいように決めているので届かないんですね。
ふと実感を持って気づきがあると、自分に負荷をかけたくないだけで決めている目標設定だなと気づくと思います。脳みそは90%休んでいる訳ですから、もう少し使えば、自分自身のなりたい自分の映像とぴったりの自分として、素晴らしい達成感と生き甲斐を感じて、毎日を過ごす事ができるようになると思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 17:05

2015年12月30日

ヨーガのヒント|言葉ではなく、エネルギーで感じる

本当の達成感は自分にしか分かりません。他人は自分が思っているよりも、もっとその変化をキャッチします。言葉じゃなくてエネルギーで感じていくので、質のいいエネルギーを持った人たちがどんどん寄ってくるんですね。それは宇宙の仕組みです。だから、自分が素敵な人達に出会いたい、やっぱり素敵な人生を歩んでいきたいと思ったら、とにかく自分から出ているエネルギーの質を上げる以外に方法はないんです。感覚を研ぎすませてエネルギーをキャッチする編み目を細かくしていく。嬉しい事もそうでない事もすべてキャッチできる様になると、取るべきもの、捨てるべきものがどんどんはっきり一瞬一瞬に分かるようになっていくんですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 17:05

2015年12月29日

ヨーガのヒント|「中心は何か」を追求する

仕事でも家庭でも、一生懸命だけどスムーズに事が進まない方は、その瞬間一番大切な
ものは何か、中心を見極めるトレーニングができていないという事と、いかに誠実かと
いうのが大切なポイントになります。どこかでないがしろにしたりすると、一番大事な
ところを外し続けて、うまくいかなくなりますね。
これはアーサナで非常にうまくトレーニングできます。「このポーズで一番大事な事は
何か」常に見極めようと体を使って息を吐くことが大切なんですね。
体でできるようになると、人を観察した時も、中心を外さない人になります。そうする
と、すごく少ない労力でいつも手ごたえのある人間関係を作る事ができるし、信頼関係
も深まっていきます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 17:05

2015年12月28日

ヨーガのヒント|正しい筋肉をつけると治癒力が高まる

筋肉は必ず応えてくれます。それから骨格は理科の教本のように、勝手に止まっている
ことができないブラブラしたものですから、筋肉をきちっと鍛え続ければ、いつか本当
に正しい骨格になっていきます。骨が動く時には、否応無しに痛みが出ます。熱が出た
り、すごい垢が出たり、いろんな事がありますけれど、すべて治癒力ですから、自分で
ちゃんと正しい形に骨格が動くまでやり続けて、その時に出る反応を感受してください

美しく正しい筋肉をつけることで、自立する心も養われて行きます。筋肉の無い人はや
っぱり心が自立できません。心の筋肉と体の筋肉と比例するのです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 17:05

2015年12月27日

ヨーガのヒント|自分の体にありがとう

一息一○秒ですね。これは自分で自分の体に愛情を注ぐ時間ですから、集中して。そし
て痛いと感じるところには必ず何かがあります。肉体的な何かがある時もあれば、心の
中の何かがある時もある。その痛いと感じるところに集中して、そこに生命エネルギー
を送る。太陽の力、宇宙の力、宇宙のエネルギー、そして自分の体に「ありがとうね」
っていう、そういう思いを刺激に注いでください。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 17:05

2015年12月26日

ヨーガのヒント|自立した肉体、心として、支える働き

筋肉というのはある程度の形が決まっていて、その人が生まれた時から成長期のある時
点までに作られた筋肉が、痩せているのか、太くてしなやかに働いているのかの差です
から、筋肉がこれから増えるって事はないんですね。細くて見えない切れ切れの糸みた
いなものが、輪ゴムのような弾力性を取り戻すかどうかです。そして、全部の弾力性を
取り戻して、自分自身を自立した肉体として、自立した心として、支えるだけの働きが
できるかどうかという事なんです。ここではそういう筋肉をつけています。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 17:05

2015年12月25日

ヨーガのヒント|叱られたら一歩近づく、二歩近づく

叱られたときにね、自分から一歩近づかなきゃ駄目よ。嫌いな人から叱られたら一歩近づく。好きな人から叱られたら二歩近づく。でなければ大事な物はどんどん自分の手からこぼれる。だいたい叱ってくれるって事自体がね、見込みがある、感心があるから叱ってくれるわけ。愛情があるから叱ってくれるわけだから。それが魂の浄化なんですよ。本当に叱ってくれた人のメッタが自分に入るから。だけど叱ってくれて一歩引いたら、もうそのメッタは自分に届いていない。一歩引くか一歩下がるか。これは日常で本当に大事な大事なポイントです。

ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 17:05