2017年02月28日

ヨーガのヒント|不思議な体と心の関係

姿勢がその人の人生のすべてを物語るというのは、当たっていると思います。背筋をつけたいと思ったことは進歩の第一歩なんですけど、そうした時に、筋肉の問題よりも心の中の自分の生きる姿勢を考えてみると、やっぱり非常に甘えていて、何かに依存しようしようとしているという心が見えてくるんですね。そこに気づいて自分がとにかく人間として自立しようと、潔く生きると、自分で自分の責任をとると思ったときから、ストローのプッチンが縮まなくなるので、それはあっという間に背筋が生えてくる。不思議な人間の体と心の関係だと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年02月27日

ヨーガのヒント|柔軟に。

年をとるということは非情に生きにくくなることですし、カレンダーの年齢じゃなくて心が年をとっている人がいっぱいいて。それはもう、うつ病であったり、自律神経失調症と呼ばれたり、いろんな形の病気を生んでいます。そういうカラクリというか、ものを理解して、とにかく何でもありなんだと。柔らかく、柔軟に、子供の時の素直さと順応性を意識して保とうと。で、変化を受け入れていくっていうことをずっと意識していれば、自分はどんどん進歩していくんです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年02月26日

ヨーガのヒント|反動を使わない

アーサナのやり方も、反動でやっている人は何年やっても何十年やっても体も変わっていかない。でも一切の反動を使わずにアーサナを一個一個の動きと一つ一つ細胞のレベルまで静止させながら、その静止の繋がりで流れと動きが出るという事をやってみると、いかに自分の中心線が疎かになっているかとか、丹田の力がないかとか重さが方に上がったとか、いろんなことが見えてきます。で、そこで深い集中力が培われて、同時に本当に細かい筋肉まで開発することができます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年02月25日

ヨーガのヒント|苦手なことは「十倍」で心が軽く

大事な事は苦手だなぁと思うことでも人の十倍練習すれば、絶対にできるようになるっていう事です。十倍っていうのは心の中の作業も含めています。精神的な問題において自分を十倍鍛えるということはどういうことなんだろう、恐れのある自分のその恐れの部分をやっつけ続けて、その十倍やっつけ続けるってどういうことだろうということは、なかなか手ごたえとして外に見えてこないので、やり始めても途中で嫌になることが多いです。そこでもうひと踏ん張り、あとふた踏ん張りで、十回踏ん張るとはっと気づいた時に自分の中から恐れが消えています。普通にできるなっていうふうに変わった時に、ものすごく心が軽くなるというのを体験すると思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年02月24日

ヨーガのヒント|正しい骨格に比例する

どんどん丈夫な体っていうか、中心線と丹田力がつきながら筋肉も発達し、歳をとっているにも関わらず、身体自体はより健康な方へいっているっていう事はすごい事です。これはどこまで行くのかというと、それぞれにとって一番適正な正しい形になるまで骨格が動き続けてくれるという事で、正しい形になると内臓はもちろん力強く働くようになりますし、それに伴ってエネルギー体ブロックが減るという事ですから。精神的な安定とか心の平和っていうのは、体の骨格が正しくなればなるほど、比例してもたらされてくるんですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年02月23日

ヨーガのヒント|まずは体でトレーニング

骨格を変えたいと思ったのなら本当に食いしばって絞りきる。これ以上絞りきってできないというところまで絞りきるのを6呼吸やって、その蓄積が少しずつ少しずつ貯金になった時に初めて骨が動くというレベルに来るんです。それが負荷をかけるという事の意味ですね。負荷をかけるという事を徹底的に体でトレーニングできないと、心が頑張るのはやっぱり難しいんじゃないかなと思います。頑張ろうって頭や心が思っていても、体が頑張るという事を理解していないので頑張り方が分からないのです。それはやり方の理解が足りないのと、やり方が間違っているからです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年02月22日

ヨーガのヒント|「教典」は、すべて体の中にある

ヨーガはほとんど原始人に戻っていく作業ですから、例えばひとつの遠くの星を見て、そこから宇宙の動きまでを追求できるような、想像力と集中力と観察力と洞察力、分析力そういうものを培っていく作業でもあるんですね。教典も読まずに本も読まずにそんな事ができるだろうかと思うかもしれませんが、その教典にあたるものは、すべて体の中にあるんですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 22:49