2017年06月30日

ヨーガのヒント|マントラのエネルギー

マントラを何回も何回も繰り返せば繰り返す程、自分から出るオーラの光にマントラの波動が深くなるので、自分自身の汚れも取ってもらえるんですね。そうすると内から光が出てくる。それはヒーリングの光ですから、誰かが側に来たらその人が元気になるんですね。それは自分が発する言葉にも乗りますし、字にもエネルギーにも溢れます。だから唱えてない人が書いたお手紙よりも唱えた人のお手紙の方が力がある。お手紙を送ると、エネルギーに敏感な人はその手紙を受け取った時に手がビーンとして、内容の如何にかかわらず読んだら元気になるんですね。そこに愛の言葉、励ましの言葉とか何か優しい言葉があればもっと相手に伝わります。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月29日

ヨーガのヒント|違う意識で宇宙を信じる

宇宙を信じたら宇宙が守ってくれている事がわかる、ものすごく大きな愛で。だって120億歳で20次元の意識がですよ、たかだか3次元の私達ごときがやっている事が分からない訳がないじゃないですか。ぜーんぶお見通しで、こうした方がいいんじゃないかってヒントの時にね、足をヒューッて引っ張って転ばしてみたりする訳です。それをそのままネガティブな事として受け止めると、魂が磨かれて行かないんですね。そうじゃなくって今、自分がこういう目にあったのは、どうしてかな? どうして私にそんな事をするんだろう?って、思うと見えてくるんです。自分の今までの生き方とか、在り方とか、違う見方をしてみたら、この事がその為のヒントかな? というふうに解ってくるんです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月28日

ヨーガのヒント|もう1人の自分を育てる

もう1人の自分っていうのは、本当の自分。真我。神様のレベルなんですよ。誰でもそう。それは何があっても揺らがないんです。そこにいるんです。ずっと。そのもう1人の自分、本当の自分からみると、「あれっ、こないだこの段階までいったんだけど、今言っている事やってる事は少し違ってるな」ていうのが、はっきり分かるわけね。そうすると「あ、いけない、いけない」ってまた練習するので、そこから先へ行く事ができるんですね。だけど、なかなかそれが難しいですよね。絶えずアンテナを張っていないとね。誰を通して、どんな形でどんなメッセージを神様がくれるか、わからないから、例えば今朝の新聞の一行でも「あ、そうだな」って心に照らし合わせてみる作業が有効ですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月27日

ヨーガのヒント|やり続けることが大事

私達は、エネルギーがもっともっと強い光でどこまでも伸びていくようにヨーガをしています。愛が溢れる人になりたいなあって願う時、できるかできないかは考えない事です。それはね、自分で考えてもしょうがない事です。やってみなくちゃ分からないんですから。神様だけがご存知で、「できるよ」っていって応援してくれるのに、自分で「できないかもしれない」「自信がないわ」と思うのは、宇宙に対して不遜です。できてもできなくてもその結果は素直にお任せして、「私はやるわ、やり続ける」っていう、それが大事な事だと思っています。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月26日

ヨーガのヒント|使えるものは何でも活用する

気持ち良い本を読んだり、心がすこやかになる音楽を聴いたりする事は、とっても大事な事です。潜在意識の中にどんどん入っていくんですね。魂が浄化されていくと、自動的に心が安らかな、おだやかな旋律にひかれていくようになるの。それは絵でも作品でも何でもそうです。だから意識的にそういうものを身のまわりに置いておけば、お掃除の助けをしてくれるの。音楽だろうが、神道だろうが、ヒンズー教だろうが、何でも使えるものは活用する。道具としてね。目的はいつも自分の心が安らかで生命が際立って、キラキラ、ワクワクしてる事だけですよ、生きるって事はね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月25日

ヨーガのヒント|魂の位を上げる

魂のレベルっていうのは、十七段階あるそうです。例えば、位が十番目とか十五番目とか最下位であっても、万が一神に祈り霊性を高める事により、昇位する、上に位が上がって行く事は可能なんです。現状がどんなレベルでもいいから、ありのままの自分を受け入れて、とにかくそこから確実に一歩一歩、半歩ずつでも蝸牛ほどでもいいから、とにかく進み続ける、精進するっていう事よね。シヴァナンダさんの教え「分ける、与える、愛する」って言う事を、日常生活の中で具体的な小さい事から練習していく事で、知らず知らずのうちに魂の位が上がっていきます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月24日

ヨーガのヒント|心が自立している人は立ち方も美しい

正しい立ち方を徹底的に練習してください。立ち方が美しいというのは心が自立していることです。自分の体を自分の筋肉できちんと支えてその佇まいが美しいということは、心の筋肉も強くて暴れる心を調教できることにも繋がっていくんですね。同時に、前屈で膝の裏が床にピタっとつくようになりましょう。正しい立ち方に関係してきますし、生命力にも影響があります。さらに、シャバアーサナの時に腰椎三番が床にピタッとつくのも大切です。これは一番内臓が休む時の状態ですが、できていないとその硬い部分だけ血流もエネルギーも行っていないということです。お酒さえ飲んでいなければいつでも大丈夫ですから、ちょっとずつでいいので毎日練習してみてください。誰でもつくようになります。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59