2017年09月19日

ヨーガのヒント|価値観の違う人とつながりを持つ時がチャンス

皆さんは価値観の違う人とお仕事をしたり、作業をしたりする時間がたくさんあるので、本当に大変だろうなと思います。けれど、それが自分の実力を試されるチャンスなんです。シャンティパットにいると皆さんの根底は善意ですから、「善意で言ってくれてるんだな」と、ちょっと落ち着けば分かります。全く違う価値観の人とつながりを持つ時は、相手が善意から言葉を発しているとは限りません。どうやって自分の想いを伝えるのか、そして自分の思いを浸透させて、どうやって共通の理解に持っていくのかと実践していく時に、本当の実力がつくのだと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年09月18日

ヨーガのヒント|ちょっとずつの練習がもう一人の自分を育てる

一つずつ、丹念に、丁寧に、練習し続ける事でしか本当の実力はついていかないし、この実力をつける事が苦行だったら、永遠に身に付かないんですね。自分がきれいで可愛らしくいられる時間が長いなぁ、気持ちのいい自分でいられる時間が長いなぁ、それが素敵、嬉しいって、自分に対するご褒美をちゃんと意識していれば、ちょっとずつの練習が必ず成果を生んでいきます。それは事実だと思いますよ。
アーサナは、筋肉の強化、骨格の矯正という目的もありますけど、この「もう一人の自分」を育てているんです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年09月17日

ヨーガのヒント|相手が悪いと思う自分の心に原因がある

難しいポーズの時に、自分のからだがまだ柔軟性がなくてできないとします。その時に「このポーズが間違っている」「ポーズが悪いんだ」って思う人は多分いないと思います。
ですが、人生で例えば、恋愛がうまくいかないとか、仕事がうまくいかないということがあった時に「相手が悪い!」って思うんですね。自分のこととなると、自分は絶対に間違っていない、自分以外の他のもの、相手が悪いと思っている。これは心が成長していかない最大の原因です。全部同じですから。ポーズが悪いっていうのがあり得ないということがわかるのであれば、相手が悪いと思う自分の心に原因があると気づくべきですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年09月16日

ヨーガのヒント|中心線の大切さ

物事の本質を見極めるには中心線が大事ですが、中心線がぶれないためには、びしっと丹田に力があることが大切です。この両方がきちんとしていたら、どんなことが起きても常に安定した状態を保ちやすい。丹田が決まって中心線が決まるということは、自分の中の恐れや怒りを非常に客観的に見ることができるということです。
中心線ができて安定してくると包容力が出てきますね。それが自分の人生を豊かにしていくとても大切な力です。その力を使って日常の全ての時間をキチッと、常に物事の一番大切なポイント、中心は何なのか?ということを見ながら生活できるようになると、本当に素敵ですね。とても気持ちの良い時間が長く続きますから。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年09月15日

ヨーガのヒント|叱咤を謙虚に受け止める

例えば注意されたり叱られたり、叱咤叱咤がありますよね。もしこの人はこれでいっぱいいっぱいでもう限界だなと思うと叱咤しない。誉めるだけ。叱るっていうのは、あなたは自分のまだ大きい可能性に対して真剣に取り組んでいないという事を、私が分かるからなんですよ。でもその叱咤にめげずに、とにかくまだやれるって叱られてるんだなぁって受け止めて頑張ると、必ずどこかで神様からご褒美が用意されています。
あなたの可能性をもっと大きく評価しているので、叱るという労力を使うんですよっていう事を、素直に謙虚に受け止める。そうすれば何を言われても、ただひたすら大きくなれる。それを掴めば大きくなれます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年09月14日

ヨーガのヒント|宇宙の慈愛を100%信じる

「神様の言う通りに全宅して従う。100%の信ずる心で。大人になると何故これができなくなってしまうのだろう。何か素敵な出会いや嬉しいことがあったとき、『あー、神様のお導き』と手を合わせ感謝する。ところが、事故に会う、病気になる、愛する人を失う、仕事がうまくいかない、等々物事が自分の思い通りに運ばないとき、さてどうだろうか。同じ様に神様に手を合わせ、感謝念を捧げるだろうか。100%の真心で。大いなる宇宙の慈愛は、本物の厳しさと優しさを持つ。それを宇宙の愛だと受けとめた瞬間から、一切の悩みは消え去る。心が軽くなる。風通しが良くなる。成長しようという意志が生まれる」
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年09月13日

ヨーガのヒント|必死になるべき時

人生には必死にならなければいけない時があります。その時必死になり損なったツケは、もっと大きな代償を払うことになり、一生後悔をひきずる結果になります。必死になるべきときは、人によって違います。執着を手放すとき、恐れを乗り越えるとき、自分を信じるとき、違う価値観を丸ごと受け入れるとき、自分が悪かったと受け入れるとき、初期設定をゼロからやり直し自己改革をするとき、これ以上の負荷をかけられないギリギリまで、自分に負荷をかける。当然のことながら、かなりのストレスを体と心が受けます。だからこそ必死になるのです。一分でも早く達成して、ストレスから解放された気持ち良さと、人間として生まれた喜びを味わうために。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59