2017年07月15日

ヨーガのヒント|行動のすべてがその人をあらわす

仕事が億劫じゃない体を持っている人は、「はい、分かりました。やっておきますよ」と簡単に言うけど、手抜きをしたいという人の体を見ていると、どこかが重たいんだろうなって見えてくるんですね。だから、生き方そのもの、価値観そのもの、誰もみていないところで、自分の誇り、プライドがあって、きちんといい仕事をしている自分なんだっていう、そういうプライドを持ちながらお仕事をされているのか、そうは思っていても体がついていかないから、わからないところで、見えないところで手を抜こうとして生きているのか、という事をたかだがリフォームに付き合っているだけですけど、すごい学びでしたね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月14日

ヨーガのヒント|周りの人に化学物質の毒を知らせる

化学物質過敏症の発症率が急に高くなっています。原始人の体を作るというのがヨーガですから、そういう毒さえも本当は体に寄せ付けずに外へ出す力を高めていくべきものなんですが、毒の量が計り知れないほど増えてしまったので、その競争がとても厳しいものになっていますね。でも、世の中にそれに気づいてもらえることは私が生きている間にはきっとないだろうと考えると、どういうふうにしてこの自分の肝臓強化と、一度溢れてしまった自分の中の化学物質を貯めるコップを大きくするかということに精進するしかないんだなぁという気がしています。せめて気づいている私達は、周りの何人かにでもそれはすごい毒なんだってことを伝えていき、じわじわと底辺から気づいている人が増えることを願うばかりですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月13日

ヨーガのヒント|成長を生む原点

例えば、レッスンの時に携帯電話をマナーにしていた人の想像力では、ブーブーって鳴ったら逆立ちのポーズで転がっちゃうかもしれないっていうことが分からない。だから別に切ってなくてもいいと思っているという事はあるかもしてない。あまり悪い事したって思ってない事ってありますよね。自分の小さい脳みそとちっぽけな経験の中でしかものを考えてないから。自分の想像力では及ばない何かがいつでもあるかもしれないって思うと謙虚にならざるを得ないんですよね。自分の想像力を超えたところでものを考えていたり、やっていたり、動いていたりする人が世の中には五万といるってことを絶対に忘れてはいけないと私は思うんです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月12日

ヨーガのヒント|できているつもりは命にタカをくくること

つもりの世界には進歩がないんですね。準備体操でお尻の下のほっぺたを見るっていうのも、下側をみているつもりで号令に合わせてしまうとなんとなく見ているつもりが1回、2回、10回、とうとう40回見ているつもりで終わってしまう……。そういうつもりの積み重ねが結局は命にタカをくくることになるんですね。一つずつ丁寧に今の自分にできる限界をちょっとずつでも突破し続けていって本当にできるようになるわけですから、そういう点検の目をいつも自分に対して厳しくもちたいなあと思っているんです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月11日

ヨーガのヒント|オームナモナラナヤナ

オームナモナラナヤナっていうのは、“全てが調和しますように”っていうナラヤーナっていう神様の名前なんです。その神様の名前を私達が唱えるとき、それは全てが調和しますようにっていうことなんです。その全てっていうのは小さいレベルで言えば血液のphです。酸性とアルカリ性とかからだの中が調和していく。それから自分のからだと心が調和していく。自分の家族が自分と調和していく。だんだん大きくなると国同士も調和する。で、それは全部大きな調和になって、地球においてバランスをとっていく。限りなく宇宙全体の調和が保たれますようにっていうオームナモナラナヤナっていうフレーズの中に本当に大きなものが含まれているんですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月10日

ヨーガのヒント|環境を選んでいくことが大事

本当に美しく生きている人は、必ず自分との闘いを真剣にやっています。痩せる太るというレベルにおいても、自分が痩せてきれいな筋肉で美しい佇まいでいたいってすごく思った時、自分との闘いをやれる人はじわじわと日常の中で本当にちょっとずつゆっくりのスピードでも確実に身についていく。けど「別にそんなに頑張って痩せなくてもいいなあ」「別に100キロでも200キロでも、太っている自分が好き。無理したくない」という人にずーっと囲まれていれば、筋トレしようかなっていう気持ちは永遠に起きてこないですね。だから、自分の周りの環境をなりたい自分に合わせて集めていくっていうか、選んでいくってことがものすごく大事なんです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月09日

ヨーガのヒント|嫌いなヒントは神様からの本当のヒント

ヒントをキャッチする能力、技にも練習が必要ですね。好きなヒントは取るんだけど、嫌いなヒントは通り過ぎていく。そうすると好きなヒントしか取れない偏った自分自身をつくっていく。ひとつの分かりやすいヒントとしては、「陰日なたなく」?この陰日なたというのが非常に実力をつきにくくするものなので「陰日なたなく」というのはどういう事なのか、好きな人の前、好かれたい人の前ではいい人だけれど、嫌いな相手、もしくは自分より格下だと思っている相手に対して、見えないところでどうしているかという点検ですね。陰日なたなくという事が常に頭から離れなくなってくると、見えなかったヒントが少し捉まえられるようになるかなと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59