2018年08月09日

ヨーガのヒント|意識を持って日拝をする

太陽の力を常に頂くと、そして太陽と仲良くなるということは自分の中心線が絶対にブレなくなるという大切なトレーニングですね。ですからみなさんもきちんと意識を持って日拝をしてください。その太陽の陽の気が自分のスシュムナの中をお掃除してくれて、光でいっぱいにしてくれているというイメージが大事です。トレーニングの段階が進んでいくと、自分の中の中心にある直霊の御霊という、私の言葉だと小さい神様がある日突然宇宙と繋がることが日拝だけでもできると神道ではされています。ありとあらゆるツールは使えるものは使って一日も早く自己実現に向けて進んでいきたいと思います。

ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年08月08日

ヨーガのヒント|汚れを落とす

グルの例え話で、グルと弟子がある時一緒にいて、目の前でグルがお酒を飲んだので弟子も一緒にそのお酒を飲みました。次にグルが歌いだしたので弟子も一緒に歌いだしました。次にグルが焚火の上に立ったのですが、弟子がそれはグルだからできることと言って焚火の上に立たなかった。これがなんちゃって弟子なんです。「それはグルだからできることだから自分達はできない」という、そこに我があるんですね。邪魔するものはやはり我という汚れ、エゴというものは本当に強い力で死ぬまで自分の人生を苦しめているんだなということがよくわかります。汚れを落とすという意味は、我というものがじわじわ少しずつ、意識的に消えていくことです。

ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年08月07日

ヨーガのヒント|意味のないプライドに執着しない

くだらないプライドが高い人は、感謝の心が育ちません。そして、感謝の気持ちがなければ、結局、そのくだらないプライドが傷つくことによって自分が苦しむことになります。では、くだらないプライドをどういうやって消していくか。
意味のないプライドというものに執着している自分に、まず気づいていくことが、より良く生きるためのポイントです。ただし、プライドを持つべきところもあります。それは、自分が生まれてきて確実に毎日成長していく、魂が豊かになっていく、ということ。そのことだけは諦めないで、やり続けていくんだ、というところです。プライドは、そこだけにあればいいんです。
posted by ShantiPath at 16:59

2018年08月06日

ヨーガのヒント|神様には、心の中は全部ガラス張り

神様に褒めていただけるようなことをしないと、魂のレベルは上がりません。人間相手のレベルで、いい人になろうとか、人の見てないところだったら手を抜こうといった発想が心底から消えないと、なかなか褒めてもらえません。なぜなら、神様の前では私たちの心の中は全てガラス張り。神様に見えない世界はないのですから。
黙っていればわからない、心の中に芽生えたものは見えないからわからないって思うかもしれませんけれど、神様はいつでも、どんな瞬間でも見逃さない・・・そのことを、いつも意識して生きていくことが大事なんです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙や まさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年08月05日

ヨーガのヒント|「慣れ」の気持ちが出ていないか点検を

治りたい一心でヨーガを始めたころは、1息10秒をひとつひとつ真剣に吐いていたのに、ちょっと具合が良くなると絞り切れていなかったり、レッスン回数を減らしたいって思ってみたり・・・。
そういう時は完全に心が慣れている状態で、そういう一息はあんまり効果がないんです。ただ吐いているだけ。骨格を矯正するとかエネルギー体のブロックを外すようなパワーはないんです。そうなったときは、もう1回、あの苦しかったときのことを思い出すべきですね。そして、今の元気な体と心になれたのは何のお陰なのかということを思い出す。
時間は掛かるんです。それが西洋医学と東洋医学の違いですから。心の中をぜひ点検して下さい。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙や まさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年08月04日

ヨーガのヒント|定期的な自己点検の習慣を身につける

ヨーガをしながら元気になったり、考え方が前向きになっていく変化は、ジワジワとしたもので、空気みたいなものです。最初の1、2ヶ月は大きな変化があるから凄いなぁってビックリするんですけれど、その段階を越えた後からはジワジワと変化していく。すると、何となく心が慣れてきて、何かに流されていって効いているんだか効いていないんだか分からない、空気を吸っているような感じになってしまいます。
そういうときにこそ、初めて出会った時のがむしゃらさとか生真面目さとか、謙虚な求め続ける姿勢とかを、自分の中でもう一回確認するといいです。例えば月に一回とか、毎週日曜日の夜とか、定期的に点検する習慣を持つといいですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙や まさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年08月03日

ヨーガのヒント|相手の良さが見えてくるように

人間の心の中には、いろんな要素があります。愛、憎しみ、嫉妬、プライド、思いやり、優しさ、意地悪な心、自分を虐める心・・。持っている要素は誰でも一緒です。でも、ポジティブなものがたくさん見えやすくなっている人もいれば、ネガティブなものが大きく膨らんでいるように見える人もいます。
私たちは、見る側の中に育っている要素と同じものを、相手の中に見てしまいます。同じ要素に焦点が合うんです。だから、たとえ相手がもがき苦しんでいる状態でも、見る側の心の発展段階が進んでいると、相手の人のすごく素晴らしいところがよく見えるんです。
魂のレベルを上げて、相手の良さが見えてくるように練習しましょう。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙や まさみ
posted by ShantiPath at 16:59