2018年04月17日

ヨーガのヒント|肺が100%使えるために工夫しましょう

姿勢がいい人は、際立って美しく見えるし存在感があります。それは外見の美しさだけでなく、肺が100%使えるためにはかなりしっかりした正しい立ち方ができていないと使えないので、正しい姿勢をしている人は肺が使えている確率が高いということです。脳にも各臓器にもすべてに酸素がいきわたっている時、生命が一番輝いて、その人の持っている力強さや優しさ美しさが外にエネルギーとして出ているから、姿勢のいい人はきれいに見えるのだなと。クラスで肺の強化ポーズをやりますけど、ここで五分しか肺のポーズをやらないのでは、何十年かかっても使えるようになりません。本当に意識して日常の中で酸素が吸えているかどうか、チェックする癖をつけて下さい。
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月16日

ヨーガのヒント|片付けと探し物の時間が人生から消えます

和らぎマットというのは皇室御用達の八卦ですから秘伝なのです。それを南西の角に矢印を北に向けて置くことでだいぶ部屋の中の循環がよくなります。それは自分自身の体の中の風通しを助けてくれるためですから、その家に住んでいる全員の体調も精神状態もよくなるはずです。これにプラス整理整頓を徹底的にしなければいけないのは当たり前のこと。要らないものが家にないという、使う物だけ、しかもその物はあるべき場所にあるということ。この物は本当にここに置いてあっていいのだろうか?と一つずつ点検する、場違いな物を場違いな所に置くということが心の中と頭の中を混乱させている大きい要因であり、繋がっているんです。点検してみて下さい。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月15日

ヨーガのヒント|絶対に伸び続けるという気持ちで

最近いろいろな経路と筋肉と骨格の勉強の成果で、今までわからなかったことがわかってきました。腎臓が悪いと内転筋が締まらない、内転筋が弱いと腸腰筋が固くなる、そして横隔膜を自由に動かすことができないために肺が使えない。また鎖骨が回転しないと首の筋肉も無理があって、肺がまた使えない。その首は結局は梨状筋が働いていないために首も働かない――。知れば知るほど神様が作ったこの体の奇跡というか、すべてを上手に連動させるような仕組みに感心しました。同時にわかってくれば諦めず丁寧に鍛えていく。アーサナをしていますけど、求める最終地点の目標を自分がどこに設定するかということが重要です。本気で見続けることがアーサナのクオリティを上げていくことにも繋がります。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月14日

ヨーガのヒント|ヨーガは神秘的で面白い

肝臓は怒りの臓器、腎臓は憂いで恐れの臓器です。肺も悲しみの臓器です。こういう自分の感情とその臓器の繋がりを思う時、例えば腎臓をいじめれば、クヨクヨしたくなります。その時にクヨクヨを辿っていくのではなく、温めたり自分で弓のポーズで締めたら、今度は前屈で伸ばし、直角三角形でねじるなど、その内臓自体に圧をかけてアーサナで自力のマッサージをする。しかも一息十秒という新鮮な血液をそこへ送り込みながら、それによって腎臓が回復するとクヨクヨが消えるはずなんです。ヨーガが素晴らしいのは、精神論だけでも肉体論だけでもない。その切り離せない薄い紙の表と裏の両面からアプローチして、自力で復活させ元より元気にしてくれる。神秘的で面白いです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月10日

ヨーガのヒント|肺を最大限に使いましょう

肩甲骨が寄らないと、肺の5部屋が使えるようにならないんです。肩甲骨がくっつかないと肋骨が肺を常に圧迫しているので、肺としてはその部屋を使うっていう働きが退化しています。肺の下の2部屋は使いやすいんですけど、鎖骨のすぐ下にある部屋はほとんど使えていないです。そこにスペースを作るために、相当肩甲骨に力をいれて、僧帽筋と広背筋も鍛えなきゃいけないです。広背筋というのは、膵臓と直結しています。だから膵臓も強化して、僧帽筋と広背筋を同時に強化したときに、はじめて肺が5部屋使えるようになります。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月09日

ヨーガのヒント|悩みのない日々は誰でも可能です

悩みのない日々というのは、誰でも可能です。元々悩みがないように生きていきなさいと、神様は作ってくださっていうのですけれど、好んで悩みたがるのが人間の習性です。しかも脳みそを80%ネガティブに作ったというのは、そのネガティブに負けて悩んでいる事が大好きな人もたくさんいるからですね。自分を見て、「悩み好きな自分だなぁ」という事を知った時に、悩み好きで嘆いていながら幸せになりたいというこの矛盾はどこから来るのか、という事を自分で紐解いていくのが大事なことだと思います。そうすると、誰もがみんな選ばれた、愛された魂で、今ここに肉体を頂いている、という事を信じて自分のやるべきことがやれる自分だ、ということが分かってきます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月08日

ヨーガのヒント|正しい立ち方を練習しましょう

正しい立ち方を徹底的に練習して下さい。無意識に立っている姿をパチッと写真に撮られても、正しい立ち方が出来ているようになると相当かっこいいです。立ち方が美しいっていうのは心が自立していることだからなんです。自分の体を自分の筋肉できちんと支えてその佇まいが美しいということは、心の筋肉も強くて自分がちゃんと自分の暴れる心を調教できることにも繋がっていきます。無意識の時間はどうしても腰が落ちて背中が丸まってダラッとしやすいんですけど、それを徹底的に自分で気づいていく。この正しい立ち方の中で悩みを解決し時間が作り出すことができるようになるともっともっと楽になりますね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59