2018年02月10日

ヨーガのヒント|アーサナをやれば必ず反応が出ます

アーサナをやっていて刺激がないのは、上達したからじゃないですよ。やり方が悪いんです。反応が出ないのは、どこかやり方が悪いんです。
私たちは、アーサナをやれば必ず反応が出て、汚いもの、曲がったところを治そうという力を、生まれた時からいただいています。それが働かないのは、何かやり方が間違っている。追求が甘いか、逃げているか。そういう点検で体を見るべきだし、心も見るべきだし、考え方もチェックするべきだと、私は思います。人生も同じですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年02月09日

ヨーガのヒント|刺激を深めて魂のレベルを上げる

刺激を深めるというのは、人生でも同じです。例えば、嫌いな人がいるとか、意地悪する人がいるとか、嫌だなぁって思う出来事があったら、それに負荷を掛けて追いかけていかないとダメなんです。見ないようにしようって、とことこ逃げたら、その人達とは付き合えないし、自分の弱点とも向き合うこともできない。良くなることはないんです。自分が逃げたんだから。
だから、嫌だなぁって思う体験をしたら、もっと積極的に関わって、なぜ自分が嫌だと思ったのか、なぜネガティブな気持ちになったのかを追求して、完全に自分が納得して解決をすることです。そうして初めてその人の魂のレベルがちょっと上がるのです。それはアーサナのやり方と同じです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年02月07日

ヨーガのヒント|「できる!」という決意が最も大事です

レッスンで、たまに難しいアーサナが入った時、嫌だなぁとか、できないとか、難しそうとか、痛いのかなぁとか、大体はネガティブな思いが一瞬浮かぶと思います。その時、そのままの気持ちでポーズをすれば、大体できないんですね。
でも、「できる!」「できるようになる!」と決める気持ちがある人は、必ずできるようになります。その気持ちを決めない人は、何年経ってもできないし、何年経っても変わらない体型のままです。
「できる!」と決めるかどうかは、結果としてできるかどうかではなく、「できるような自分になる!」という決意です。その決意を一日のうち何回も心の中で言うということが、すごく大事です。人生も同じですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年02月06日

ヨーガのヒント|純粋で自分を偽らない生き方

ラテンの文化は、どちらかというと刹那的な生き方に見えます。今この瞬間が良ければという。でも、人間として深く付き合っていくと、誰もがすごくワクワクする、見ていて嬉しくなる人達なんです。
よく観察すると、本当に純粋です。自分を偽っていない。嫌なことは嫌、良いことはよいという。行き掛かり上とか、人目があるからとか、断れないからとか、よい子にしていた方が得をするからとか、駆け引きとか、そういう自分を良く見せたいっていうのが全くなくて、純粋に自分の信じることを貫いている。だから、エネルギーをブロックするものがないので、あの目の輝きを生んでいるんだなぁって、思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 00:59

2018年02月05日

ヨーガのヒント|動物の本能と神様の心を取り戻す

ヨーガは、原始人の体に動物としての本能を目覚めさせ、その本能を生かしつつ、神様としての心、知恵と愛を取り戻し、その2つを共存させるものです。動物としての本能を生かすせば、五感が非常に鋭敏になり、瞬間的な判断力が磨かれていく。神様としての心を取り戻せば、元々持っている仏性、良心、霊性と呼ばれる、魂の中心にある愛の塊が、どんどん外へ出るような回路ができる。
そうすれば、いろんな違う価値観を温かく受け入れられる。みんなそれぞれの価値観を大事に生きていて、寄り添える価値観もあれば、自分とは違う価値観もあるということ。それを受け入れられる自分になっていく。気持ちよく朗らかに。それが、私の目指すヨーガです。

ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年02月04日

ヨーガのヒント|充実感と達成感のある生き方とは

歌舞伎役者の坂東玉三郎さんは、五十年間、毎日舞台が終わると真っ直ぐ家に帰って、トレーナーさんに筋肉をほぐしてもらい、体を温めて早く寝るということをしているそうです。ただただ、今日より明日、いい踊りを観せたい、完璧なものを踊りたい、それでお客様に喜んでもらいたいという気持ちで、そういう日々を過ごされています。すごく感動しました。
彼にとっては、それが一番充実感と達成感のある生き方なんです。そういう気持ちのない人には、つまらないと思うかもしれません。けれど、自分の志と使命を認識して、いらないものをどんどん手放していくと、究極、彼のような日々になり、彼のような人生になるんだろうって、思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年02月03日

ヨーガのヒント|上手に愛を受け取ると幸せが倍に膨らむ

上手に愛を受け取れる人は、とにかく元気と幸せ度が倍、倍、倍に膨らんでいきます。何気ない出来事、何気ない一言に、「愛されているからうれしい」「誰かにありがとうって言われたらこんな自分がそんな風に役に立って、ありがとうって言われるんだ」。そういう思いでどんどん自分がきれいに、元気になるんですね。もっと身についてくると、どんなに困っていても何もなくても、「足りないものは何もないです」という言葉になり、気持ちになる。その中心にあるのは、愛を受け取ること。そこに感謝があるだけなんです。感謝がいつもあると、どんなものを受け取ってもそこに愛を見いだすことができるんです。それが自分自身の幸せと安らぎを更に大きくしていくコツですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59