2017年06月08日

ヨーガのヒント|一息十秒のクオリティ

ヨーガの一息十秒というのは、自分が元気になるとか、自分と家族の幸せのためにとか、そういうレベルではないということを、シャンティパットの方々は1日も早く気づけるとよいと思います。実感を持って、その一息十秒で、自分の体をお掃除することによって、もちろん日本全体も元気になりますし、それが地球全体を豊かにしていく。やってあげているのではなくて、自分が生まれてきた責任の一つなんだ、という考えにいけると、一息十秒のクオリティが上がりますね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月07日

ヨーガのヒント|1日を生きる

1日を生きるということは1日新しい経験をするということであり、また1日分の豊かな考え方を知るということであり、1日分の間違った考えも体験するということです。そのなかで毎日毎日、自分は本当にこのままでいいのかな?という目を、落ち込むためではなく向上するために持ち続けることが重要だということです。本当に昨日決めたこの価値観は合っているのかな?という目でもう1回点検する。昨日より今日、本当はもっと似合う自分らしい価値観があるんじゃないか、日々点検する目。その時時に積み上げられた経験を活かして、美しくなるために変わっていかなければいけないですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月06日

ヨーガのヒント|もっとできる

「もっとできる」って自分で決める。その心の強さが私は大好きだなぁって思いました。どんなことも「もっとできる」と思えない心の裏には言い訳がいっぱいあるんだなってことを感じました。ケガをしたからとか、限界だからとか、歳だからとか、病気だからとか。それは最も巧妙な自分に対する言い訳で、それが出た時はもう人生は終わりなんだと昨日また感じて。勇気と元気をもらって、素晴らしいなと思いました。私はいつもそういう気持ちを大事にして生きてきた、それだけの人生です。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月05日

ヨーガのヒント|立ち方が美しい

立ち方が美しいっていうのは、心が自立しているからなんです。自分の体を自分の筋肉できちんと支えてその佇まいが美しいということは、心の筋肉も強くて自分がちゃんと自分の暴れる心を調教できることにも繋がっていくんですね。無意識の時間はどうしても腰が落ちて背中が丸まってダラっとしやすいんですけど、それを徹底的に自分で気づいていく。常にです。悩みがあっても忙しくても時間がなくても、この正しい立ち方のなかで悩みを解決し時間を作り出すことができるなるともっともっと楽になりますね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月04日

ヨーガのヒント|愛を受け取れる人

心が荒んでいる、呼吸が荒い時、心が忙しい時、たくさんの愛を跳ね返して受け取らずに来た自分を悔いて、心が平和だったらすっと差し出されたほんとに小さな愛も受け取ることができるし、その受け止めた愛に応えたい自分の心の動きもキャッチできる――。それは愛を受け取る天才になるっていうことですね。上手に愛を受け取れる人は、とにかく元気と幸せ度が倍、倍、倍に膨らんでいきます。感謝がいつもあると、どんなものを受け取ってもそこに愛を見出すことができるんです。それが自分自身の幸せと安らぎを更に大きくしていくコツですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月03日

ヨーガのヒント|意識的に気づこうとする姿勢を持って

いくら一生懸命ヨーガをやっても、意識的に気づこうという姿勢を持って、ヒントをキャッチしようという行動を起こさないとダメなんですね。そして、アンテナを張り巡らして、引っ掛かったものから反省して、自分の中をえぐっていって、媚とか、ぶりっ子とか、良く思われたいという虚飾とか、怠け心とか、傲慢さとか、いろいろなものに気づいていってそれと闘うとき、余分なものがどんどん削ぎ落とされて行って、「素」の自分になれるんです。
自分との闘いは外から見えないので、やらなくても済んでしまうことです。でも、せっかくヨーガに出会えたのですから、限りなく高いレベルを目指していきましょう。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年06月02日

ヨーガのヒント|「あげる」側の人になると決めたら…

「貰いっぱなし」で「得した」と思って生きていくのではなく、自分は「あげる」側の人になるんだって決めたら、泣いている場合じゃないし、怠けている場合じゃないし、落ち込んでいる場合じゃないし、悩んでいる場合じゃない。そういうネガティブな時間は、奪うだけ奪っている時間ですから。問題が起きたときは、最短時間で解決する。そして常にあげるために一生懸命努力する。
ただ、結果的にはいつも貰っているということに気づくことが大事です。どんなに努力しても、見えないところで「いつも自分は貰い続けているだなぁ」と感じ取れる感覚と気づきのあることが、人としての質が高いってことだと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59