2018年04月07日

ヨーガのヒント|本当に必要なものは何かを考えましょう

自分の体がどんな食べ物を一番必要としているのか、読む本、見る絵、聞く音楽はどういうものを身の回りに置くと自分の顔が可愛くなるのか、どういう心の状態だと自分の気持ちがよくて、人からも「元気そうね」って言われるんだろう、いいエネルギーを出せるだろうと考えます。人に合わせてしまうと、ただ好かれたい、気に入られたいというふうになってしまって、非常にストレスを受けます。そうではなく、本当の自分に聞く。あなたが生まれてきた本当の意味にのっとって自分らしいことをした時、すごく輝いているのです。そうすると、食べ物の好みも、その他もろもろの好みも自然に正しい中心へ戻っていきます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月06日

ヨーガのヒント|新しいことを見つける気持ちが大切

今日は何か新しいこと、新しいものを見つけようという気持ちはいくつになっても大切ですね。死ぬまで自分の中でそういう感性を磨き続ける、集中力を高め続ける、そして識別能力を高め続ける意識っていうのを持ち続けることができれば、本当に毎日が5つの天使といつもいつも一緒で、ワクワクすることばっかりだったり、ウキウキしたり、何か新しい感動的なものを見つけた時、思わずニコニコしたり、命に感謝があったりできるのだろうと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月05日

ヨーガのヒント|整理整頓は基本中の基本です

整理整頓を徹底的にしなければいけないのは基本中の基本です。要らない物が家にないということです。使う物だけ、しかもその物は本当にあるべき場所にあるということです。これをやるのに脳みそを使いますね。この物は本当にここに置いてあっていいのだろうか?ということを一つずつ点検する。場違いな物を場違いな所に置くということが、もう心の中と頭の中を混乱させている大きな要因なのです。なので、一つずつ物に対して「ここにあっていいのか?」「置いていてよいのか?」をぜひ点検してみて下さい。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月04日

ヨーガのヒント|グルの的確なアドバイスと正しい練習法

キルタンの最年少リーダーはS君で、今度小学校1年生になるんですけど、ものすごく上手になっていてとても感動したんです。先月のキルタンが終わった時に、いろいろ練習の方法を親にアドバイスして、その通りに実践をしたらしいんです。それを見た時に、練習のクオリティの高さが、エネルギーの質を変えていくっていうことを本当によく感じました。だからいいガイドが付いて、正しい練習法を教え、その通りに集中力を持って、15分でも毎日やると本当に伸びて行くっていうことを、子供達のキルタンを見て感じたのです。これは、大人の精神レベルを上げるって意味においても全く同じだなと思うんです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月03日

ヨーガのヒント|「年」は、脳みその問題です

脳の中で自分が年だと決めた人は「年」になっているけど、生きてきた年数の学びと知恵があれば、どんどん元気で人生が楽しくなります。二十歳の時に、八十歳の体で軟骨が全部白骨化してレントゲンに写っていると言われ、そこから私は一日一日カレンダー上、年は重ねましたけど自分的に八十歳から一日一日若返っているっていう、ヨーガのお陰によってです。世の中的に言う「年」って言うのはその人の脳みその問題だな、脳の中で自分が年だと決めた人は年になっているんだなと思います。体の使い方とか時間の使い方、集中力の配分はどんどん賢くなっていくと思います。そこがやはり生きてきた年数の学びと知恵なんだなあって。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月02日

ヨーガのヒント|中心へ力を寄せる

中心線に力を集めるというのは力がいることなので、何もしないで年を重ねた場合、内側の中心にどんどん力がなくなって、骨盤も重心も外へ外へ年齢と共に広がっていくんですね。だから内腿、内くるぶしが大事であり、指や腕も内側にねじっておく。そういうこともちょっとした意識でヨーガに繋がっていきます。ポーズをやる時に、今は親指に力を入れるのか、小指に力を入れるのかを判断する時でも手の向きによっても中心が変わりますから、中心へ力を寄せるという基本を常に意識しているといいと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年04月01日

ヨーガのヒント|どんなことも鵜呑みにしない

人から教わったもの、人から習ったものはあくまで一般論であって、体質というのはそれぞれ全員違いますから、その違った体質に同じ処方が合うわけがないんです。それを見つけられるのは自分の観察力と、直感力ですね。なので、自分の体を徹底的に観察的に見るということも、そういう意味では命を守る大切な要因になります。本当にこれをしたら自分の体がどうなったかということを自分が見たいように見るのではなく、ありのままを見て検証しつつ、自分の中で自分がデータをとっていく。あくまでも自分の体は自分が管理するという自主性と主体性を失わないようにすることが大事です。鵜呑みにしないってことですね。どんなこともです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59