2017年04月14日

ヨーガのヒント|準備運動は自分を観察するチャンス

私の決める準備運動は、みんな回数が多いですね。それはなぜかというと、回数を多くやっていくと、もう一人の自分がずっといて、自分の心の動きとか、筋肉の動きをちゃんと観察している。回数が多ければ多いほど自分を観察するチャンスが多いからです。
だから、できてもできなくても、そして心が嫌がっていることであっても、もう一人の自分がそれを淡々と見続けることができたら、それはそれで非常に意味があります。そういう観察力は100回のうちに養われていくんだ、というプラスがありますね。是非いろんな角度から準備運動を捉えて下さい。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年04月13日

ヨーガのヒント|内的人生を高めるためにも筋力は必要

筋力を落とさないっていうのは本当に秘訣ですね。年齢がいくと1日サボれば3日バックですね。3日さぼれば1週間のバックで、2週間続けて毎日やらなければ元に戻らない体になるんです。それは誰でも平等です。止められないんです。だから毎日ちょっとでもいいからやるとか、週に3日は徹底的にやると、自分の決まりとして持っているべきですね。
内的な人生を豊かに高めていくためにも、外側の身体的な筋力は重要ですね。同時に、50歳になって内的な人生をゼロからスタートしているという自覚を毎日持って、もっと精神的なレベルを上げるために、今スタートしたんだなぁっていう意識が本当に大事だと思いますね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年04月12日

ヨーガのヒント|いくつになっても一息10秒吐き切れば

ヨーガはいくつになっても始める事ができます、80歳であっても。呼吸は努力次第で、10秒吐くというのは何歳になってもできますから、きちっと10秒吐き切って、80歳の方なりに五本貫通をやろうとして締めようとする、という形であれば、外見は全く別のものをやっているように見えたとしても、そのアーサナの効果は非常に高いものがその方の中に生まれてきます。
同じ一息10秒吐くのであれば、別の事を考えながらとか、前のポーズを引きずりながらとか、そういう事じゃなく、10秒の一瞬一瞬に集中力をもって体をみていくといいと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年04月11日

ヨーガのヒント|「相手に悪い?」と思ったときは

「こんなことをしたら相手に悪い」と行動を躊躇するとき、巧妙な言い訳じゃないか、疑ってください。また、「頑張ってもダメだった、自分には向いていない」と効率よく行動しているように見せて、実は自分の壁を乗り越える努力をしたくないプライドの高い怠け型もあります。どちらも自分を正当化しています。うまくいかなかった原因がわかったつもりで、自分の中で一件落着している。妥当な判断のように見えますが。言い訳をしていると、本当の問題は解決されません。問題があることさえ気づいていないので、ずっと放置されるままです。巧妙な言い訳を見破るポイントは「遠慮と甘え」。自分が遠慮していると思ったら、言い訳じゃないか要チェックです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年04月10日

ヨーガのヒント|やり方を変えて「ぐるぐる」をストップ

「どうせ私は」の裏には、目標設定の甘さと怠け心が一体となっていて、自分で知らない間に自分の限界を決めています。それが、夢を実現できない重い足かせになっています。限界を自分で勝手に決めてしまったら、突破することは不可能です。人間は、ギリギリまで頭や体を使った後にやった!という達成感があって、それがとっても大きな快感です。だけど、ギリギリじゃないとそれは得られない。好きな仕事に就いたはずなのに、なんかワクワクしてないなあという心が出てきているときは、自分で決めた限界の中でぐるぐるしているときなのです。やり方や姿勢を変えること、新しいジャンルを開拓するよりは、同じ仕事に対する取り組みを変えるのです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年04月09日

ヨーガのヒント|「大事なこと」「こんなこと」を見極める

反省して切り替えるところまではできるけど、すぐに元に戻って同じことを繰り返してしまうのは、「これをやろう!」と目指しているものへの情熱が本物じゃないからです。「本気の扉」が開いていないから、意志が弱くて自分を変えられないのです。本気の扉が開くのに必要なのは、「いつまでもこんなことをしていたら、本当に大事なものを失っちゃう!」っていう危機感。この危機感が生まれたとき、本気の扉がやっと開きます。大切なのは、「大事なもの」と「こんなこと」をはっきり見極めることです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 23:59

2017年04月08日

ヨーガのヒント|4大悪魔の居場所をなくす方法

ポジティブ思考とは別に、続ける意思が弱い人もいます。その鍛錬のためには、まずありとあらゆることに自分の中で具体的な目標設定をして、クリアできたときは勝ち星シールを貼って、「やったー!」って達成感を感じてください。それは、本人にしかわからない大きな喜びです。やればできるんだわって、自分をほめてください。具体的な目標設定をしたら、どうやってそれを達成するか考えましょう。こういう方法?あっちの方法がいい?と考えるときに自分の魂が磨かれていきます。こんなふうに毎日を過ごしていけば、ネガティブの4大悪魔の居場所がなくなっていきます。行動的なエネルギーも、優しいエネルギーも、バンバン出ている人になるのです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59