2017年07月08日

ヨーガのヒント|明るさを大事だと思う時

明るいっていうことが大事ですね。世の中が明るい。誰かが明るい。家の中が明るい。その明るいということが大事だと思う時、その人は暗さがあるということを知るんですね。明るいということが大事だなってはっきり認識できない人は、自分の中の暗さというものも見てないんですね。きちっとした形で見つめていない。暗くても明るくてもわからない。それはやっぱり自分に責任を持っていないということに繋がります。人間の心のなかには汚いものも、醜いものもずるいものも、よこしまなものもみんな平等に神様がくれたものですからありますよね? でもそれを上回る力として、希望があって、明るいものがあって愛があって、最終的には何も言わずに本当にまごころで、いつも祈れる可能性をみんながもらっています。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月07日

ヨーガのヒント|内臓を塊で見る、骨を感じる

アーサナをする時に細胞単位でからだをみるということに挑戦してください。最初に心を静めて息を吐き出した時に、まず臓器をかたまりで見ようと意識します。臓器をかたまりで見ようとした時に心を静めて集中していると、腎臓なら腎臓の形、肝臓なら肝臓の形、自分のそういう内臓が息を吐きながらはっきりとした映像で見えてきます。
まだ内臓のレベルにいけない人は、まず骨を感じてみてください。自分の骨の動き、動かない場所、それを自分自身で発見していってください。みなさん、それぞれの感じやすいイメージややり方でいいので、やみくもに10秒吐いて肛門を締めるとか、漠然とした刺激を絞るというレベルはもう卒業して、ひとつひとつの自分の内蔵の位置や形が見えてくるところまで深く集中してください。それができるようになると、自分の体ともっと仲良くなれて、日常生活が疲れなくなりますね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月06日

ヨーガのヒント|やらされている事は一つもありません

自分がなりたい自分になるために自分が選んでここに来ているという事が一番大事な事です。いつも忘れちゃいけない事。やらされている事は一つもありません。自分がやりたいからここに来て、人のために時間を有意義に使えるような、いつも輝いているね、元気だねって言われるようになりたいと思ったから、自分が自分でここに来ているわけです。どんな事も自分の意志でやっている事ですから、そこで手を抜いたり自分を甘やかしたりするというのは、すごく矛盾がありますね。
徹底的に掃除して、本来の自分らしさが殻を破って、中に小さく閉じこめられていたものがバーッと外へ出て、あなたらしいままで気持ちのいい日々になっていくという事をイメージしてくださいね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月05日

ヨーガのヒント|反応のとき心の不調も味わえるように

反応からでる熱などは病気じゃなですけど、不調であることにかわりません。その肉体の不調がエネルギー体にもそれから心・感情にも何の影響も与えないで、ただ肉体が今変化しているんだなぁと思えるところまでくるのに随分長くかかりました。そういうふうに味わえるようになると心も体と同じなんだなぁと思います。自分の心がどんなに暴れていても、エゴや我でない本当の魂、本物の自分と、エネルギーの繋がりだけを見ていけば、何にも不都合はないんだなぁと。ただ過ぎ去るのを待てばいい。暴れている心が鎮まるのをただ待てばいいんだって、それは反応のときに体の調子が悪いのにマントラを唱えたらいつにも増してすごいエネルギーが通っていくのと同じ事だと思うんですね。そこがみなさんも、一緒に分かっていくといいなぁと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月04日

ヨーガのヒント|分けること、与えること、愛すること

人として一番大切なものは、シェア=分けること、ギブ=与えること、ラブ=愛すること、サッチャナンダさんはこの三つしかおっしゃいません。
この分けること、与えること、愛することは、何をしたら本当の意味で身についていくかというと、それがカルマヨーガなんです。カルマヨーガ以外に学習できない。恋愛の愛でもないし、余ったものをあげる愛でもないし、食べたくないから分けてあげるってことじゃないんです。本当に自分が大事に思っているものを、最後の一粒を分ける。自分でいっぱいいっぱいになっている、なりそうな時にでも人のことを愛する。自分の持っているすべて、時間もお金もエネルギーも労力も与える、その練習をさせてくれるのがカルマヨーガなんです。カルマヨーガ以外に、人として大事なことは学べないんですよ。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月03日

ヨーガのヒント|意識的な時間の積み重ね

写真とかダンスとか、何かを表現しているもので、とても美しいなあと思うものは「この瞬間しかなかった」という瞬間を切り取っている感じがするからです。もしくは「このラインしかなかった」「他に取り替える事ができない」というものが表現できた時に、すごくそれが美しいわけです。「それ以外にその瞬間にないもの」を切り取った時間とかラインとかの表現なので、見る側が美しいと感じるんですね。
そこに至るまでには、たぶん意識的に、そのラインを出すための基本の練習を何千回も何万回もされていて、それが発表という瞬間に出てくるんだと思うんです。人間の存在感とか美しさっていうのも、きっと同じだろうと私は思います。無意識の時間を何回反復しても、美しさが積み上がっていかない。日常の中で本当に意識的な時間の積み重ねが、その人の美しさを生んでいくのだと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2017年07月02日

ヨーガのヒント|口から心臓が飛び出すような時間

活動する季節に入っていますね。今は遅く寝て早く起きていい時期です。あまり寝なくていい。交感神経が優位のシーズンですから、頭の働きも回転も非常によくなりますし、物事の展開も早くなっていきます。
この時期に調子が悪い人は、副交感神経優位型のタイプなのでどうしても波に乗り遅れるんですね。そういう人はちょっと運動不足を疑ったほうがいいです。だるいとか、やる気が出ないとか、体がちょっと重いとか、面倒くさいなというような発想が体と心にある時は、とにかく縄跳びとか走るとか、口から心臓が飛び出すような時間を一日一○分くらい持つ。そういうピークまで肺を使い切る時間を毎日持つと、ずっと体が軽くなるし、頭の中のモヤモヤもすっきりしますね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59