2018年05月31日

ヨーガのヒント|「嫌だな」と思う心を切り捨てる

苦行は身に付きません。これはブッダも言っていますけど、苦行はいくらやっても「嫌だな」という解放されたい渇望とそれを与えている者に対する憎しみと怨念が湧くだけです。瞑想も「座るのが嫌だな」という心を切り捨てないとただの苦行です。それを自分の精神的な問題に置き換えてみると、まだ起きる前の事柄に対して「嫌だな」を持っていないかということが言えます。よく分からないのに「こういうタイプの人は嫌い」とか「この手の問題は苦手」とか。それは、瞑想で座るのが嫌だなということと全部同じだと私は思います。「座ることが嫌だな」と思う心をクリアできた時、日常生活の精神レベルにおいても何か「嫌だな」と思うことがクリアできるはずです。

ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年05月30日

ヨーガのヒント|人のせいにしないで生きる

人のせいにしている間は絶対に幸せになれない。これは究極の真理です。自分が悪くないと思うことでも人のせいだと思う瞬間から不幸が始まる。でも、そうじゃない見方が必ずあって、それを見つける回路を自分の中に作った時に大体の問題は解決します。どんなことにでもなにか理由があると探してみたら、これはもう手放せというタイミングだったとか、他のやり方で自分の夢は叶えられるんじゃないかとか、恋人にフラれて追っかけてもダメなら潔く諦めて、もっと深い自分になってピッタリの人に会うタイミングでピッタリの人が来ると信じて努力するとか。「他人のせいにしない」「深める」「自分の夢をはっきりさせて追いかけ続ける」ということが大事ですね。

ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年05月29日

ヨーガのヒント|完成図を描くために必要なもの

ての物事は完成図をいかに詳細にカラーで、細かくリアリティを持った映像として描けるかということだと私は思っています。その完成図が具体的ではっきりして細かい映像で描けた時、現実の今の段階と照らし合わせて完成図から戻してくる。
 完成図の自分に向けてこうするべき、ああするべきというふうに自分の中で鍛錬していく時に必要なのが筋肉ですね。筋肉がないと自分の頭のイメージの中に自分を置いておけないので、どうしても体と心の筋肉、特に体幹が必要です。軸の筋肉、中心線が曲がらないための中心をキープする非常に細かい筋肉を作っていくと、自分を完成図に近づけるためにやるべきことを淡々と一生懸命楽しみながらやることができます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年05月28日

ヨーガのヒント|覚醒した脳で自分をチェックする

面倒くさい事を集中してやり遂げる。脳みそに負荷をかけてみる。声を新聞の政治面を読む。または論語でも、古典でもいいです。とにかく面倒くさいなと思い始めたことをもう一回初心に帰って丁寧にやり続ける事で脳を覚醒し、覚醒した脳みそで自分をチェックしましょう。それは、自分を徹底的に対象化してチェックしていく事が楽しいと思わないと出来ないと思います。知らず知らずのうちに脳を止めている、汚れたエネルギーを出している、なし崩し的になんでもありの野放し状態でいいやとなっていく。それは、私は怖い事だと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年05月27日

ヨーガのヒント|癖が発動する前にストップをかける

段々日々のクラスの中でもありのままの自分を客観的に事実と感情を切り離すという練習を積み重ねてきているので、少しずつ「もう一人の自分」が育ってきていると思います。もっともっとシャープに、自分の癖が発動する前の自分の体の中の状態というものを徹底的に洗い出して、情報として自分で記憶して、その記憶した情報と同じ状態が体の中に起きた時にはちょっと待てというストップをかける。それこそよい意味での習慣ですね。そっちが癖になればよいわけで、これを練習したら一段階も二段階も上がった本当のあなたが出てきやすい状態になります。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年05月26日

ヨーガのヒント|「やるか、やらないか」しかない

私が常々思うのは、自分に言い訳を許した時に人生は終わるということです。歳だからとか体が弱いからとか忙しいとか苦手だとか、言い訳はふと思いつくだけでも十や二十、ポロポロ出るくらい簡単にみつけられるものです。一度それを口にした時からもう人生に発展はありません。
私は永遠に自分の可能性を突破し続ける。そこに非常にワクワクするベータエンドルフィンが出るので、できるかできないかということをほとんど考えたことはないですね。「やるか、やらないか。それしかないんだ、人生は」。やると決めたらどんなにできなくても少しずつですけれど形を成してくる。それは練習次第、というのが私の人生の基本です。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年05月25日

ヨーガのヒント|脳みそを使って体に指令を出す

脳が筋肉を動かしているので、自分がポーズをやる時に、まず脳みそができるよって言わないとだめです。こういう形にするんだよっていうことを脳がはっきりと認識しないと体、筋肉は覚醒した動きをしてくれません。そして痛いとかできないというふうに心が感じた瞬間に脳が言って下さい。そうじゃなくてできるからって。まず脳みそがそういうふうに自分の限界を持たない指令を出さないと、もう心が「ダメ」って言った時、「脳もダメだって言ってるよ」って筋肉に言っちゃうんですね。自分の野放しの心が「ああじゃない、こうじゃない」っていうことは無視して脳みそをまず使う。そしてできると体に指令を出す。そういうやり方でアーサナをやりましょう。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59