2018年01月26日

ヨーガのヒント|慣れの心は魔物

まさみ語のキャッチフレーズに「慣れない・逃げない・諦めない」という古い時代に私が自分に言い聞かせてた言葉がありますけれど、「慣れない」というのは人間にとって難しいことなんだなぁっと、自分を含めて思います。慣れの心は魔物で感謝を奪うんです。感謝がない日々は何を見てもそこに感動の生まれようがないわけです。何かにときめている状態を生きると呼ぶので、そこには常に感動があるんですね。感動がないと非常につまらない不平不満ばかりの日々ですね。それは私から見ると生きているとは言えないんですが、慣れるとどうしてもそこに行ってしまうので、とにかく生きていることに慣れないということがとても大切だと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年01月25日

ヨーガのヒント|筋肉の使い方を正して骨格を直す

理科の標本で骨がブラブラしているのを見たことがあると思いますが、骨格はとどまっていないんです。それを支えているのは筋肉なので、筋肉の使い方が間違っていると必然的に骨格はめちゃくちゃになっています。骨格を正しい位置に直すということは、筋肉自体に「もう一回正しい位置に戻ってください」と伝える作業です。潜在意識に刷り込まれている考え方や言葉の癖とかがそういうものも全て筋肉の偏りを生んでいます。体と心は薄い紙の表と裏ぐらいに密接な関係にあるので、潜在意識が変わると筋肉の形が瞬間的に変わります。それによって骨格が正しくなります。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年01月24日

ヨーガのヒント|腹筋を柔らかくする

仰向けに寝たまま自分の恥骨の上に握り拳を置いてグーッと押してみた時に、拳が恥骨の中に潜りますか?潜らない人はまだ腹筋が硬いということです。グーが恥骨と同じ高さになるくらいお腹が柔らかくなった時に初めて健康と言えます。日常的に腹筋を使う動きが多いので、腹筋の倍以上のトレーニングで背筋を鍛えていくと腹筋が伸びてきて柔らかくなります。腹筋が硬いと腸も固まって毒だらけになって、病気の原因になります。とにかく腹筋を柔らかくすること。そのためには改善しなければならないことがたくさんあります。日常で背筋を意識的にきちっと使い続けること。肋骨を空へ引き上げるようにしてお腹を緩めること。自分でするお腹のマッサージにも効果があります。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年01月23日

ヨーガのヒント|知的感度を上げる

すごいスピードで神様の世界が変化していて現象界もそれに伴って変化しています。なので、今までの経験値や価値観では対応できないことがこの先起きてきます。その時に執着や固定概念の強い人、変化に対応しにくい鈍い人はブレるし、取り残されるし、いろんな災いが自然に起きてくるのだそうです。その変化に上手に対応するためには「知的感度を上げる」ことが大事です。それは瞬間瞬間の集中力を高めることとその瞬間の小さい神様の声をキャッチする能力です。その時に邪魔になるのが我です。我は小さい神様の声を聞こえなくさせるので我の判断はだいたい間違っています。小さい神様の声がスースーッと聞こえるようになるとどんな状況が来ても怖いことはないですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年01月22日

ヨーガのヒント|本当に大事なものは何か

一番大事なことは、「本当に大事なものは何か」ということが絶対にブレないということです。どんな状況にあっても、どんな体調であっても、どんな心境であっても、必ずきちっと中心線がある。それを見失わなずに、自分の太い柱として持っていること。これしか毎日が元気で朗らかで明るい気持ちで、しかもやるべきこと、責任を取るべきことに真っ直ぐに向かってやり続けることはできないんですね。まだその柱が確立できていない人は、いろんな自然現象の変化や自分の環境の変化、人間関係の変化に負けやすいということを認識して、とにかく折れない柱作りを一生懸命するべきだと思います。小さなことから丁寧にやり続けていくと“めげない自信”がついていきます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年01月21日

ヨーガのヒント|愛を受け取る天才になる

「本当に足りないものは何もない」という実感があると、物質的に足りないものがあっても心の中で足りないと思わなくて済みます。心の中が満たされていて自分が愛されているという思いがいっぱいで、命があることが嬉しくて感謝が湧き続けているので、物質的に足りないものがたくさんあっても苦しい気持ちにならないんです。心が荒んでいる時や心が忙しい時、たくさんの愛を跳ね返して受け取らずにきた自分を悔いて、心が平和だったらすっと差し出された小さな愛も受け取ることができるし、受け止めた愛に応えたい自分の心の動きもキャッチできます。それは愛を受け取る天才になるということ。上手に愛を受け取れる人は、元気と幸せ度が倍、倍、倍に膨らんでいきます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年01月19日

ヨーガのヒント|角度一度づつでも成長し続ける

人間の成長なんて一度なんです。角度一度。見えないくらいだけど、この一度をずっと練習していけば、一キロ先の一度ってすごい開きになるじゃないですか。だけど全然変わってない、もう嫌だと諦めてしまえばゼロですね。
誰でも劇的には変われない、劇的に変わったと思うような時はリバウンドする、そういう仕組みに作られているからです、人間の心は。
この一度の成長を本当に大事にした人は、気づいたら十度になるんです。もし十度気づきがあったとしたら最高の人生ですよ。
どんなことも受け入れて、見て対策を練ってそこから学んで、どんな時も心に余裕があることが、一番心が平和でいられる。その余裕を失わないためにも、一度の努力が大事です。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 23:59