2018年07月19日

ヨーガのヒント|過去と決別する

酸素が全身に行き渡った時に、内臓と脳が、喜んでいるっていうのがこういうことかと思います。理屈抜きに幸せを分けたい気持ちが、酸素が入っただけで、幸せ感というのがあふれてるっていうのが本当に、びっくりします。それを体験できていないのは、まだ肺の五部屋が使えていないのと、心が頑固だからですね。素直になって、そうなんだあって、すっと受け入れることができた瞬間に生まれ変わります。本当に人生が変わりますね。なんでもできる気がします。これは是非早く全員に味わってもらいたい。それには過去と決別することですね。過去は終わったことですから覚えている必要がないことですよ。今この瞬間を生きて、いまこの一瞬にできることの100%に集中する。幸せを分けている自分という映像をもって、そういう自分になるんだということへ向かっているだけの状態になれば、本当に素敵な毎日ですね。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年07月18日

ヨーガのヒント|ヨーガ的なしなやかさ

宇宙とつながる道筋に自分が常にいると、揺れながらすぐ戻れる。それが、私が考えるヨーガ的なしなやかさです。事実と感情が切り離せられると本当に悩みがない。体が次のステップに行く時だなと、心もそれに合わせて次のステップに行こうとしてるんだなということが客観的にわかるので。ひたすらカルマヨーガに集中して、神様から用事を頼まれた自分というのを見て行う。カルマヨーガはただやればいいということではなくて、それをやらせてもらって何を発見し、何に気づいて、それをどのように活用するかということですから。脳を変えないとダメですよ。物質的価値観のままではなかなかヨーガが面白くなって来ないし、自分の体と向き合うのがワクワクすることだということに到達するためにまずは脳みその中を意識的にきちっと切り替えてみて下さい。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年07月17日

ヨーガのヒント|だるい時には走りましょう

気温が高くなり、雨が続くという時にだるいと思った時は走るのがいいです。だるい時に体をだるさに任せていますと余計に血管が広がりますし、血圧が下がりやすいということもありますし、体液の循環もスローに、悪くなります。そういう時こそ自分にとにかく鞭を入れて、だるいと思ったら走ってり、早いスクワット、縄跳びということを自分の一つのルール化、原則化しておくとやった後に必ず頭がスッキリすると思います。気圧の影響は誰でも大きく受けています。今みたいな季節は時に、どこかに滞りがあったり、冷えや睡眠不足、ストレスがあると影響を受け、いいリズムが一瞬にして崩れやすくなるのが常なので、ぜひ心に留めておいてください。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年07月16日

ヨーガのヒント|おもてなしは自分の心を清らかにします

誠心誠意おもてなしをすることは、もてなす側にも大きな喜びを与えてくれます。私はお客様を迎える時には食器を磨くところから始めます。全ての食器の裏まで磨き上げてから、料理に合わせてどれを使うかを考えるととてもワクワクします。人を招くことは日常にちょっとした緊張感をもたらす特別なこととして脳が活性化され、幸せのホルモンと言われるβエンドロフィンやセロトニンがたくさん分泌されます。お客様を喜ばせようと色々なアイデアが次から次へとわいてきます。嬉しいサプライズを考えるのも大好きで、その時、心の中にあるのはお客様のとびっきりの笑顔です。人をもてなすことで、実は自分の心を清らかに温かい状態にさせてもらっているのだと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年07月15日

ヨーガのヒント|脳のために一つ一つきっちり終わらせます

寝るときは寝る。起きている時は起きる。読むときは読む。眠くなったら読むのをやめる。一つ一つをきっちり終わらせるということが整理整頓の基本です。脳の整理整頓も心の整理整頓も、体の整理整頓も全部繋がっています。一つずつきっちりきっちり終わらせるっていうことが身についていくともっともっと元気になります。ボケないで最後まではっきりとした意識で、体も本当にすべての細胞を使い切った完璧な老衰状態で天上界に行くということが理想ですから、そのためには脳も本当に使い切れるように挑戦し続ける気持ちが大事だと思います。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年07月14日

ヨーガのヒント|強制的に負荷をかけましょう

強制的に負荷をかけてくれる状況というのは、実はとても大事なことです。例えば、自分をちやほやしてくれる人ばっかりといるのは、自分の成長を遅らせます。それは、瞬間的に気持ちがいいかもしれませんけど、それによって負荷をかけようとは人間はなかなか思えないからです。注意してくれたり、間違えを指摘してくれたり、もっとがんばらなきゃいけないということをきちんと説明してくれたり、もしくは全く不条理な意地悪をされたりした時は自分の受け取り次第でその意地悪がものすごいバネになって自分の心が強くなったり、もっと大きくなったり、または優しさが膨らんだり自分自身を大きくすることができます。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59

2018年07月13日

ヨーガのヒント|肺を100%使えるように意識しましょう

肺を100%使えることによって、いい酸素が回り内臓機能が格段に上がって、理由のない高揚感というものが沸き上がり続けて元気になります。肋骨が自分でどんどん上がっていくように、日常の自分の姿勢の在り方がとても大事です。仰向けに寝た時は、腰椎三番がピタッと床を押してなきゃいけない。それで、その時に肋骨とお腹の関係は、富士山と川口湖くらい差がないとダメなんです。お腹はぺちゃんこで、それに比べて肋骨は富士山くらい高く喉からの角度が45度より顎の方に高い。という基本中の基本の姿勢の在り方はクラスだけでは絶対に無理ですが、この骨格を手にしない限りは肺が100%働くことはあり得ませんので、自分でやるしかないのです。
ヨーガ教室シャンティパット主宰 紙やまさみ
posted by ShantiPath at 16:59